Rフェイススタジオ出張所

ゲームや配信のお話。

【OBS Studio】VSTプラグインを使用してノイズを除去する(ReaFir)

f:id:k0ta0uchi:20200531202515p:plain

OBSを使用してYouTubeやTwitchなどに配信するとき、どうしても気になるのがマイクのノイズです。特に低価格のマイクを使用してる場合や、高感度のマイクを使用していて生活音が入ってしまう場合など、結構困ってしまいます。

 

OBS Studioには、フィルタ機能があり、主に楽曲などの制作に使われるDAWなどについてくるVSTプラグインを使用することができます。今回はこのVSTプラグインを使用して、ノイズを除去していきたいと思います。

 

今回はReaFirと言うREAPERと呼ばれるDAWに付属するVSTプラグインを使用していきます。VST自体は「ReaPlugs VST FX Suite」として無料で配布されています。

www.reaper.fm

 

 

インストール

  1. 先程のURLから、プラグインをダウンロードします。お使いのシステムに合わせてダウンロードしましょう。

    f:id:k0ta0uchi:20200531203228p:plain

  2. ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックし、インストーラーを起動します。
  3. インストールするプラグインを選択します。実際に使用するのは「ReaFir」ですが、他のプラグインも有用なのでそのままインストールしましょう。不要な場合はチェックを外してください。

    f:id:k0ta0uchi:20200531203337p:plain

  4. 次に、インストールするフォルダを選択します。OBS Studioが認識するフォルダは下記のとおりです。

    Windows (*.dll)

    C:/Program Files/Steinberg/VstPlugins/
    C:/Program Files/Common Files/Steinberg/Shared Components/
    C:/Program Files/Common Files/VST2
    C:/Program Files/Common Files/VSTPlugins/
    C:/Program Files/VSTPlugins/

    macOS (*.vst)

    /Library/Audio/Plug-Ins/VST/
    ~/Library/Audio/Plug-ins/VST/

    Linux - NOT YET IMPLEMENTED (*.so and *.o)

    /usr/lib/vst/
    /usr/lib/lxvst/
    /usr/lib/linux_vst/
    /usr/lib64/vst/
    /usr/lib64/lxvst/
    /usr/lib64/linux_vst/
    /usr/local/lib/vst/
    /usr/local/lib/lxvst/
    /usr/local/lib/linux_vst/
    /usr/local/lib64/vst/
    /usr/local/lib64/lxvst/
    /usr/local/lib64/linux_vst/
    ~/.vst/
    ~/.lxvst/

    今回は「C:\Program Files\VstPlugins\ReaPlugs」にインストールしました。

    f:id:k0ta0uchi:20200531203716p:plain

 

設定

  1. OBSを起動し、マイクの横にあるギアアイコンをクリックし、「フィルタ」を選択します。

    f:id:k0ta0uchi:20200531203823p:plain

  2. 新しいウィンドウが表示されたら、左下にある+アイコンをクリックし、「VST 2.xプラグイン」を選択します。

    f:id:k0ta0uchi:20200531203916p:plain

  3. 名前にはわかりやすい名前をつければOKです。

    f:id:k0ta0uchi:20200531204025p:plain

  4. VST 2.xプラグインのドロップダウンリストから、「reafir_standalone」を選択します。

    f:id:k0ta0uchi:20200531204125p:plain

  5. プラグインインターフェースを開く」ボタンをクリックします。

    f:id:k0ta0uchi:20200531204219p:plain

  6. 新しいウィンドウが開いたら、「Mode」を「Substract」に変更し、「Automatically build noise profile (enable during noise)」にチェックを入れます。

    f:id:k0ta0uchi:20200531204404p:plain

  7. 実際にノイズを再生します。マイクがONになっていればOKです。すると、ノイズの周波数が自動で認識され、赤いラインが表示されます。

    f:id:k0ta0uchi:20200531204458p:plain

  8. ある程度認識が終わると、赤いラインが止まります。その状態で、「Automatically~」のチェックを外せば完了です。

※ReaFIRウィンドウは閉じてOKです。

 

これで設定は完了しました。この状態で実際に録音/配信を試してみてください。
ただし、ノイズ部分をカットする関係上、ご自身の声がこもってしまったり、聞こえなくなってしまう場合があります。その場合は微調整を行うか、違う方法を考えましょう。

【Minecraft Dungeons】Modの導入方法

f:id:k0ta0uchi:20200529163725p:plain

 

イクラダンジョンズがついに発売されました。

イクラと言えばMod、Modと言えばマイクラと言うほど、マイクラではMod文化が盛んですが、残念ながらマインクラフトダンジョンズでは公式でModはサポートされていません。

help.minecraft.net

FAQより引用:

f:id:k0ta0uchi:20200529163855p:plain

 

とは言え、Mod入れたくなるのが人間の性というもの。

ここから先は非公式ではありますが、Modの導入方法を紹介します。導入したことによる問題については一切責任を持ちませんのでご注意ください。

 

導入方法

ランチャー版:

  1. Windowsキー+Rを押す
  2. 「%localappdata%\Mojang\products\dungeons\dungeons\Dungeons\Content\Paks」と入力してOKをクリック
  3. 「~mods」フォルダを作成し、中にModを入れる

Modを導入した状態で「%localappdata%\Mojang\products\dungeons\dungeons\Dungeons.exe」から起動してください。ショートカット作成をおすすめします。

なお、ランチャーから起動した場合、Modファイルは削除されるので注意してください。

 

Windows Store版(Xbox Game Passを含む):

  1. Windowsキー+Rを押し、「ms-settings:developers」と入力し、OKを押す
  2. 開発者用モードをオンにする

    f:id:k0ta0uchi:20200529164751p:plain

  3. 下記URLより「UWPDumper」をダウンロードし、好きな場所に解凍

    https://github.com/Wunkolo/UWPDumper

  4. Minecraft Dungeonsを起動し、ウィンドウが表示されるのを待つ
  5. UWPDumperに含まれる「UWPInjector」を起動し、Minecraft Dungeonsの横に表示される数字を入力

    f:id:k0ta0uchi:20200529165213p:plain

  6. 終了すると、「%localappdata%\Packages\Microsoft.Lovika_8wekyb3d8bbwe\TempState」が開くのでDUMPフォルダを好きな場所に移動し、好きな名前に変更する。(もし開かなかった場合はWindowsキー+Rを押して「%localappdata%\Packages\Microsoft.Lovika_8wekyb3d8bbwe\TempState」と入力しOKを押すと開きます。)
  7. https://cccode.bitbucket.io/dungeons/appxmanifest.xml」をダウンロードし、DUMPフォルダ内のappxmanifest.xmlと置換する
  8. 開いているエクスプローラの上部にあるURLバーに、「powershell」と入力してエンターを押す(表示されるパスが違う場合、cdコマンドを使用して移動する)
  9. 「Add-AppxPackage -path .\appxmanifest.xml -register」と入力してエンターを押す

Minecraft Dungeons [Modded]」と言うアプリが生成されます。このアプリを起動することにより、Modが適用された状態で起動することができます。

Modは「Dungeons\Content\Paks\~mods」内に入れます。「~mods」フォルダがない場合は作成してください。

 

さて、ここまで導入方法を紹介しましたが、肝心のModファイルは、現在のところ特定のフォーラムやダウンロードサイトなどは存在しません。基本的にはDiscordサーバーなどのクローズドなコミュニティで開発されているようです。

 

2020.6.1追記

いくつかのMODが下記URLに登録されているようです。

www.moddb.com

【Remote Play Detached】Remote Play Togetherに対応してないゲームでリモプする

こんにちは、こうたです

 

f:id:k0ta0uchi:20200507183215p:plain

Remote Play Detached

SteamにはRemote Play Together(以下RPT)と言う、簡単にリモートプレイかつ複数人でプレイできるという神機能が存在します。詳細は下記↓

store.steampowered.com

しかし昨今、各社ゲーム会社は独自のプラットフォームに対応しつつ有り、Steam外のゲームをプレイすることも多くなってきました。当然Steamに対応していないのですから、RPTは使用できません。どうしてもマルチプレイしたいんじゃああああ!!

 

そんな時に使えるのが今回紹介する「Remote Play Detached」です。

github.com

このツールは、SteamのRPTのゲームとして擬態し、RPTに対応していないゲームでもRPT対応としてプレイすることができるようになるランチャーツールです。

ツールを使うには、RPTに対応しているゲームを一つドナーとして犠牲にする必要があります。(もちろんツールからそのゲームも起動できます)

 

セットアップ

  1. RPTに対応するドナーゲームをダウンロードします。
  2. ドナーゲームのフォルダーを開きます。f:id:k0ta0uchi:20200507184459p:plain

  3. フォルダ内に新たなフォルダを作り、そこにゲームデータを移動します。この際、ゲームのEXE名を覚えておいてください。

    f:id:k0ta0uchi:20200507184751p:plain

  4. ここからRemote Play Detachedをダウンロードします。

    f:id:k0ta0uchi:20200507185020p:plain

  5. ドナーゲームのフォルダにEXEファイルをコピーし、先程覚えたゲームのEXE名にリネームします。

    f:id:k0ta0uchi:20200507185200p:plain

プレイ手順

  1. ドナーに使用したゲームをSteamから起動します。
  2. 左下にあるImportをクリック。

    f:id:k0ta0uchi:20200507191538p:plain

  3. File Explorerをクリックし、RPTで遊びたいゲームのEXEファイルを選択。

    f:id:k0ta0uchi:20200507191650p:plain

  4. Nameにわかりやすい名前をつけてOKをクリック。

    f:id:k0ta0uchi:20200507191751p:plain

  5. すると、先程の一覧画面が表示されるのでRunをクリックすればプレイすることができます。

    f:id:k0ta0uchi:20200507191836p:plain

注意点

  • ゲーム名はドナーのゲーム名になります。相手に伝える際は注意しましょう。
  • DRMがあるゲームなどは、起動できない場合があります。