Rフェイススタジオ出張所

ゲームのお話。

MENU

【ゲーム紹介】 簡易的なプログラムでロボットを操作する「Jump, Step, Step」 【Steam】

こんにちは、こうたです。

 

f:id:k0ta0uchi:20170329152837j:plain

 

今日はSteamにてリリースされたゲーム「Jump, Step, Step」の紹介です。

 

Steamの紹介文からの引用:

ボブは短絡し、ちょっとクレイジーになります。宇宙船に戻れるように一連の必要な行為を彼に教えてください。貴方の助けがなければ、ボブが恐らくスパイクを踏み、死んでしまうでしょう。盆栽、クレイジーロボット、故障したロケットなどに含まれているゲームをお登場します。

 

 

と言うわけで、日本語がちょっと怪しいですが、日本語に対応しているゲームです。この紹介文だとちょっと何を言っているのかわかりませんね。簡単に言えば、プレイヤーはこのロボットを簡易的なプログラミングで指示し、ロボットであるボブをゴールまで導く、パズルゲームです。

 

f:id:k0ta0uchi:20170329153224p:plain

ゲームを起動するといきなりこの画面になります。唐突に「死んでますー。」と言うセリフから見るに、相当ゆるーい雰囲気なのが分かると思います。

 

f:id:k0ta0uchi:20170329153527p:plain

もう一人(?)の登場キャラクター、XBOXコントローラー(?)です。もはや意味が分かりませんが、このキャラクターがプレイヤーに何をすべきかを教えてくれるナビゲーターの役目をしてくれます。なお、口調がコロコロかわります。女々しいかと思えば急に命令口調になったりと、情緒も不安定なようです。

 

f:id:k0ta0uchi:20170329153802p:plain

左上の4つの四角形は、アクションパネルです。(正式名称はわかりませんが便宜的にこう名付けます。)赤い×は、アクションを削除するパネルです。Bボタンでキャンセルするのと同じです。残りは「一歩前へ進む」「右に方向転換」「左に方向転換」です。これらを組み合わせて青く光っているバッテリーまでボブを進めていきます。

 

f:id:k0ta0uchi:20170329154228p:plain

この様に、予めアクションパネルを設定しておきます。ですのでプレイヤーは先に何が起こるかを予め予測し、アクションパターンを組んでいく事になります。この状態でYボタンを押せばボブは動き出します!

 

f:id:k0ta0uchi:20170329154507p:plain

途中でアイテムを拾ってボブを修理していけば、アクションパネルが増えていきます。ここで追加されたアクションは、「1マスジャンプする」です。これで水を飛び越えることが出来るようになりました。

 

f:id:k0ta0uchi:20170329154658p:plain

時々ボブの頭上に緑のゲージが現れることがあります。このゲージが貯まってしまうと、ボブは電池を一つ消費してしまいます。左上にある、電池マークがありますが、これがボブの残り電池量です。3回ミスしてしまうと一つ手前のパズルに戻ってしまうので、ゲージがある場合は素早く行動しなければなりません。このゲージはアクションパネルを選択している時も、ボブが行動している時も増えていきます。

 

f:id:k0ta0uchi:20170329155047p:plain

「A」と「B」と言うアクションパネルが増えてます。このパネルはプログラムで言うところの「ラベル」です。「A」と言うラベルを設置して、いくつか他のアクションパネルを設置した後、「Aに戻る」と言うアクションパネルを設置すると、その間を繰り返ししてくれます。プログラムで言うところの「ループ」ですね。

 

と、この様にアクションパネルが増えていくにつれて、段々とパズルが複雑になっていきます。しかし、キャラクターはゆるゆるですし、憎めないやつなので、ほんわかした雰囲気でゲームを楽しむことが出来るんじゃないでしょうか。まあ時間制限やら仕様のわからないブロックやらで、イライラしてくるかもしれませんが・・・。それでもこういったパズルが好きな方にはお勧めです!!

 

プレイ動画

  

 

広告を非表示にする