Rフェイススタジオ出張所

ゲームや配信のお話。

【OBS Studio】26.0 RC 1で、Virtual Cameraが使えない場合の対処法

f:id:k0ta0uchi:20200905145028p:plain

OBS Studio 26.0 Release Canadicate 1(以下RC1)がリリースされ、Virtual Camera機能が追加されました。Virtual Cameraは、OBSのプレビュー画面をWindows上でカメラとして利用できる機能で、Zoomなどで、カメラしか使えない場合でも、配信画面を表示することができます。

 

インストーラーを使用した場合、インストーラーが勝手に使用できるように登録してくれるのですが、Zip版を利用して、マニュアルでアップデートした場合、この機能が使用できない場合があります。

正常に登録されてる場合、下記画像のように、Start Virtual Cameraボタンが表示されており、押すとVirtual Cameraが動作します。

f:id:k0ta0uchi:20200905145650p:plain

 

正常に表示されていない場合の対処法を下記に記載します。

対処法

Cドライブ直下に「obs-studio」フォルダが有る場合

  1. コマンドプロンプトを管理者権限で起動します。(Windowsの検索バーで「cmd」と入力し出てきたコマンドプロンプトで「管理者として実行」を押します。)
  2. 下記のコマンドをコマンドプロンプトで登録します。
    • regsvr32 "C:\obs-studio\data\obs-plugins\win-dshow\obs-virtualcam-module32.dll"
    • regsvr32 "C:\obs-studio\data\obs-plugins\win-dshow\obs-virtualcam-module64.dll"

登録が完了したらOBS Studioを起動して、Start Virtual Cameraがあるかどうかを確認します。