Rフェイススタジオ出張所

ゲームのお話。

MENU

【YouTube】YouTubeの超低遅延モードで配信する方法

こんにちは、こうたです。

 

f:id:k0ta0uchi:20170907161728p:plain

 

YouTubeで生配信する際、画質は良くともラグがあり、コミュニケーションを取りたい人は敬遠しがちでしたが、ついにYouTubeでも超低遅延モードと言うラグが少ないモードが追加されました。

実際に配信してみるとわかるのですが、ニコ生の新配信のラグとほぼ同程度です。しかも画質は1080pまで対応しており、ビットレートも従来通りです。制限されるのはDVR(巻き戻して再生)、字幕、4Kなどで通常配信する分には特に問題もありません。

 

超低遅延モードを使うには

f:id:k0ta0uchi:20170907162850p:plain

リエーターツールから「ライブストリーミング」を選び、「ストリームオプション」を選択します。すると、そこに超低遅延と言うラジオボックスが追加されているので、これを選ぶだけです。他の設定は今まで通りの設定で、超低遅延モードで配信することが出来ます。

 

さらにラグを少なくするには

超低遅延を選択するだけでもかなりラグが改善されますが、配信ツール側も調整すると、更にラグを少なくすることが出来ます。

OBS Studio

・設定の出力からエンコーダをx264を選択します。
・画面上部の出力モードを「詳細」に変更します。
・プロファイルを「zerolatency」に変更します。

ハードウェアエンコーダを使用している場合、全く同じオプションは無い場合があります。「B-frames」のオプションを無効化することでより良い状態になる可能性があります。

 

Xsplit

x264を使用している場合、"&ex"記法を使用するとスムーズになります。

エンコーダーオプションで「&ex:tune:zerolatency」と追加しましょう。

 

その他

その他のソフトウェアを使用している場合でも、x264を使用している場合、zerolatencyオプションを使用することができるはずです。

 

 

配信ライフをさらに快適なものにしていきましょう!!!

【Destiny2】ソーシャルスペース「奥地」にて偵察隊長になる方法

こんにちは、こうたです。

 

f:id:k0ta0uchi:20170906143721p:plain

 

Destiny2ついに発売されました!!皆さんプレイされていますでしょうか!?

 

さて、今回のDestinyではソーシャルスペースがヨーロッパの奥深くにある「奥地」と言う場所になっています。今までのタワーとは雰囲気が違い、キレイでまったりとした雰囲気が漂っています。

この「奥地」ですが、実は色んなギミックが用意されています。そのうちの一つ(まだあるかもしれないので)である、「偵察隊長になる方法」をご紹介したいと思います。

  

動画


手順

1.番兵ランクのバフをx4取得をします。取得する方法は二つ。

・風車の上を歩く

f:id:k0ta0uchi:20170906144152p:plain

・電線を伝ってホーソーンがいる建物まで渡る

f:id:k0ta0uchi:20170906144437p:plain

2.焚き火にて偵察パトロールを開始する

f:id:k0ta0uchi:20170906144544p:plain

3.白い光を順番に踏んでいく

f:id:k0ta0uchi:20170906144804p:plain

4.最後の光を踏めば無事に「偵察隊長」に!

f:id:k0ta0uchi:20170906144910p:plain

 

この「偵察隊長」のバフですが、具体的には体全体が青白く光り輝き、移動速度とジャンプ力が向上します。これで「奥地」探索もさらに楽しくなりますね!ぜひ挑戦してみてください!

【ニコ生】新配信をガンガン使っていこう

こんにちは、こうたです。

f:id:k0ta0uchi:20170807101624p:plain

ニコニコ生放送が先日ついに、新配信に完全移行すると言う発表を行いました。

ユーザー生放送『新配信』への完全移行のお知らせ|ニコニコインフォ

これによれば、2017年8月24日(木)より、ユーザー生放送はすべて、新配信でのみ配信することが出来るようになります。

さて、このブログでは以前、こんな記事を書きました。

 

 

完全に今回の記事とは逆の事を書いていますね。しかし、現状、ニコニコ生放送かなり改善されてきています。先ほど紹介したニコニコインフォでは、これまでの改善内容と、今後の対応予定が一覧として掲載されています。

f:id:k0ta0uchi:20170807102054p:plain

 

かなり改善されている新配信

前回の記事では、新配信のビットレートが1Mbpsで、画質に不満があると書きました。新配信の解像度である「800x450」では、1Mbpsのビットレートでも画質的には足りないのです。さらに新配信の仕様上、こちらから送信した映像をさらに再エンコードされるため、どのような設定にしても劣化してしまうという問題がありました。

しかし、4月13日より、新配信が2Mbpsに対応しました。これはどれくらいのビットレートかと言うと、例えば最近ゲーム配信で盛り上がってきているOpenRec.tvは推奨ビットレートが1.5~2.5Mbpsとなっています。Twitchでも3Mbps~5Mbps程度とされています。ただし、Twitchの場合は解像度が「1920x1080」まで上げることが出来るため、ビットレートは多めに設定されています。(これらはあくまで推奨ビットレートであり制限はありません)そのためTwitchではニコ生と違い、かなり大きなラグが生じます。(約15秒程度)

つまり、現状の設定は、配信ラグが少なく、かつ最大限画質を向上したことになります。

 

問題はまだまだあるが

自分の環境でもありますが、新配信はまだ色んなバグが存在しています。例えば配信していると、メモリーリークを起こし、ブラウザごと落ちてしまうことや、視聴しているとプツプツになり、画質を選択しても症状が直らない場合があったりと、問題は山積みです。

しかし、その状況でもニコニコは8月24日より新配信に完全移行することを決定しているわけですから、ニコニコ生放送を引き続き使っていきたい人は、まず新配信のテストを行っていくしか無いのです。その上で、フィードバックを送りましょう。ビットレート向上のように、問題が解決される場合があります。

新配信についてのフィードバックを送るにはこちらのリンクから送信しましょう。

新配信についてのご意見・ご要望について

 

新配信に関するQ&A

このQ&Aはあくまでもニコニコインフォや、エンジニアブログなどを参考にして得られた情報を元に、私見で作成しているため、間違っている場合があります。問題があればコメント等お願いします。

Q.ニコ生ライブエンコーダー(NLE)を使用しています。新配信を行なうには何か設定をする必要があるのでしょうか。

A.ありません。新配信を選択して枠を取ったら、自動的にNLE側で新配信の設定にしてくれます。

 

Q.720p(1280x720p)に対応しているのに何故推奨解像度は800x450なのでしょうか。720pにすると何か不都合はありますか。

A.あくまで720pの映像を受け入れているだけで、実際は800x450に強制リサイズ(再エンコード)されるため、特定の場合以外、画質が悪くなる場合があります。

 

Q.視聴しているとプツプツするなど、重いのは何故でしょうか。

A.ビットレートが2Mbpsまであげられているため、回線によっては快適に視聴できない場合があります。その際は、画質を下げるなど調整を行いましょう。また、配信者自体の回線速度に問題がある場合があります。その際は配信者が改善する必要があります。